>   雰囲気に合わせたスタンド作りについて                 
 
Q
SPX-818を使用しています。
同等の大きさ、仕様でもっと和風っぽいスタンドはありませんか?
A
例えば、カタログラック下の空きスペースに和柄のアクリルを入れるという
特注仕様はいかがでしょうか。
SPX和柄アクリル付き仕様 

SPXのカタログラック下のスペースには、
追加で板を入れることが可能です。
その板に和柄のシートを貼ってセットします。   

ただ板を入れただけですが、それだけでも十分和風のスタンドとなります。
柄を変えれば色々なバリエーションが 


和柄に限らず、木目やブランドカラー、ロゴを入れたもの等
少し手を加えることでその場の雰囲気に合わせたサインスタンド作りが可能です。    
もちろんSPX以外の商品でも、ご要望に合わせた提案をさせていただきます。

こんな雰囲気にしたい!を、ぜひお聞かせください。
➡和風の雰囲気に合う商品はこちら
➡和風にも洋風にも。ブラックシリーズはこちら
➡シーン別にまとめた商品ページはこちら

 
 






トップへ戻る